追蹤
鏡獄百物語り
關於部落格
仏足下的虛空 
  • 53970

    累積人氣

  • 1

    今日人氣

    8

    追蹤人氣

關於「樹木葬」

 ちなみに一般のお墓を新たに建てた場合、永代使用料に墓石代、工事費、管理料など諸費用の合計金額が全国平均でおよそ174.1万円(お墓の入門サイト「全国墓石・石材店情報」より抜粋)。それに対し、樹木葬の場合は墓地の取得に50万円からと比較的リーズナブル。なお樹木葬の場合、後継者がいなくとも利用が可能とのこと。また、友人同士、さらにはペットと共に利用できる区画が用意されているところもあるのだとか。
 >>一般墓碑重建的話,永久使用的材料有墓石費、工事費、管理費等各個費用,合計金額全國平均大約為174.1萬円(摘錄自墓地入門網站「全國墓石‧石材店情報」) 相對的,樹木葬的墓地取得由50萬開始價格相比之下較為合理。繼任者如果不想利用樹木葬也是可以的。另外,也可以規劃準備和朋友或寵物一起利用同個區域等等的。
 
 
自然を壊さず雑木林再生にも一役買うとして注目されている樹木葬。まだまだ歴史は浅いですが、その可能性は今後一層広がりそうです。(熊) >>讓自然不被破壞,使雜木林再生也能作為一種任務或責任而備受矚目的樹木葬,雖然其歷史仍然很短,不過我想實現的可能性從今以後會更加擴展開 來吧。 (SO-NET コラム 2008年09月23日掲載分)
 
§ 圖片出處:www.sanseido-publ.co.jp/publ/jumokuso.html
回想に浸る遺族
◎出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』樹木葬(じゅもくそう)は、墓石ではなく墓碑として樹木を指定した葬儀の仕方。
>>樹木葬是指,不用墓石指定以樹木作為墓碑的殯葬方式。

 
ペットなどの動物葬によく見られるが、航空機事故などで遺体が散乱した場合にもこの方法が取られる。 旧来は墓石を用意できない者が墓碑を立てる代わりとして木を植えるというのが多かった。 基本的に樹齢数百年から数千年の樹が樹木葬に使われていた。 「自然に帰る」「死後も大樹となって生き続ける」という点で理想的な埋葬方法のため、埋葬方法として樹木葬を行いたいという人も出てきたが、法律の問題があるため遺骨をどこへでも埋葬することはできないので、遺骨を山へ散骨することで樹木葬とする方法も出てきた。
 >>這個方法取自我們常見到寵物的動物葬,或在在航空事故中遺體散落的情況。往昔無法使用墓石的人,將立墓碑來作為代替所以栽種很多樹木。基本上,使用樹齡從數百年到數千年的樹木來做樹木葬。「回歸自然」「死後也能夠成為大樹持續活下去」用這樣的出發點作為理想的埋葬方式的原因,雖然出現了想以樹木葬作為埋葬方式的人,不過最初是因為法律的問題,遺骨無法隨意埋葬的關係,發生遺骨往山裡丟棄而產生用樹木葬的方法。

 
墓碑が無いような形を取る場合には宗教上、倫理上の問題が指摘されやすい。 >>如果採取沒有墓碑的情況下,在宗教上、倫理上,這樣的問題很容易被譴責。 1999年、日本でも岩手県一関市に樹木葬墓地が登場。これは墓地をコンクリートのような人工物で作らないことで、墓地である山の環境を守れるという発想から生まれた。散骨のようにどこへでも好きなところへというわけではなく、墓地として許可された場所へしか遺骨を埋葬できないというデメリットがある反面、樹木葬墓地として指定された里山を育てる効果がある。
 >>1999年,在日本的岩手縣一關市也開始樹木葬墓地的規劃。這裡的墓地不是用水泥作成的人工物,墓地的產生是以守護山的環境作為發想。不是像散骨那樣喜歡哪裡就葬在哪裡,而是只能在允許的場所來作為墓地埋葬遺骨,雖有這種缺點,相反的,卻可以有效地養育那些被指定作為樹木葬墓地的山林了。

 
現在埋葬されている墓地から樹木葬に祭祀を変更する場合には、市区町村長の改葬許可が必要となる。これを怠ると刑罰の対象となりうる。
>>現在,想改變祭祀方式從埋葬的墓地轉為樹木葬的情況,需要市區町村長的改葬許可。如果不遵守的話就會被處罰。

 
イギリスでも近年、遺骨を埋葬し樹木を植えることは緑化など環境的に優れた効果があるとして樹木葬が話題になっているようだ。
>>近年來,連英國也在栽種樹木埋葬遺骨,作為綠化環境而有相當成效的樹木葬好像也成了話題。
 
◎參考網頁:千の風 みらい園
 http://www.miraien.jp/02jyumokusou.html 自由な精神の体現として注目されている「樹木葬」
相簿設定
標籤設定
相簿狀態