追蹤
鏡獄百物語り
關於部落格
仏足下的虛空 
  • 53970

    累積人氣

  • 1

    今日人氣

    8

    追蹤人氣

癒されたい女性が憧れる「枯れ専」とは

■枯れ専って、そもそもなに?
 "枯れ専"到底是什麼?
 
枯れ専とは、社会の荒波にもまれて人生の酸いも甘いも知り尽くし、若い人のギラギラした油が抜けきった“枯れたオジサマ”を好む女性のことです。ちなみに枯れたおじさんの魅力をまとめた「カレセン 枯れたおじさん専科」という本まで既に出版されています。
>>"枯れ専"是指那些受過社會的洗禮、嚐盡人生酸甜苦樂,沒有年輕人的閃亮,好像去掉油脂般”枯萎(乾枯)的歐吉桑,為女性所喜歡的意思。

この本によれば、枯れた男性の定義は次のように紹介されています。
>>"枯萎的歐吉桑的魅力"簡稱為「カレセン(Karesenn)  枯萎歐吉桑專科」的書最近也被出版了。

・一人の時間をもてあまさない(很會利用一個人的時間)
・路地裏が似合う(很適合深街小巷)
・金や女を深追いしない(不汲汲營營於金錢和女人)
・自分の年齢を受け入れている(若ぶらない)(坦然接受自己的年齡,不裝年輕)

また、枯れたオジサマのイメージとしては、次のようなものが挙げられています。 
>>另外,作為枯萎歐吉桑的印象,如下列舉出的印象:

・ビールは缶より瓶(啤酒是罐裝比瓶裝好)
・ペットは犬より猫が好き(寵物是喜歡狗比喜歡貓好)
・ひとりでふらっと寄れる行きつけの店がある(一個人也可隨時輕鬆自在的去商店)
・さりげなく物知り(知識淵博卻不炫耀)


有名人で表現するならば、俳優の蟹江敬三氏、ジャーナリストの有田芳生氏が代表例としてあげられているようです。
>>如果說以名人來表現的話,好像可以舉像演員的蟹江敬三氏、記者的有田芳生氏來作為代表的例子。

余談ですが同書の出版元は、「メガネ男子」と同じアスペクト社です。
カレセン 枯れたおじさん専科(アスペクト編)
>>這是閒談了,這本「カレセン 枯れたおじさん専科(アスペクト編)」與「眼鏡男子」同樣是aspect出版社出版的書。


■枯れ専女性と枯れ氏との恋は成立するのか
 枯萎歐吉桑專科的女性和枯萎歐吉桑男友的戀愛能成功嗎?

「カレセン」では、「枯れ」の魅力を次のように表現しています。
>>所謂的「karesenn」,「枯萎」的魅力如下所述的樣子。

「知識はあるけどひけらかさず、欲に振り回されず、どことなく孤独の影を背負い、若い女子だからとバカにせず、認めてくれて、一緒にいるだけで楽しくて、がんばらなくていい」
>>「雖然有知識,不過不彰顯,不受欲望擺佈起舞,總覺得背負著孤獨的影子,不輕視年輕的女子並認同她們,在一起很快樂,不需要很努力表現自己」

枯れ専の女性達にとって枯れたオジサマは、恋や仕事に疲れたとき、自分を欲望の対象として見ずにただそこにいるだけで癒してくれる存在のようです。隙あらば、「女性をお持ち帰り」と考えているような男性は、一番に対象外といったところでしょう。
>>對於"枯萎專門"的女性們來說,枯萎歐吉桑(枯萎叔叔)不慣是戀愛、工作的時候,不會把對方看成是自己欲望的對象,僅僅在一起就覺得令人感到安心解鬱。如果是趁隙就想把「女性帶回家」的這種男性,當然是最不考慮的對象囉。

しかし、女性を「欲望の対象としてみない」ことと「恋愛対象としてみる」ことを同時に成立させることは、きわめて難しく、両思いとしての恋が成立することは希とも言われています。
>>但是,「不視為欲望的對象」和「視為戀愛對象」這兩種事情使之同時成立的話是非常困難的,女性們也說,希望兩種想法在戀情上都可以成立。

■大人の男性の「かっこよさ」に男女の差が
 成熟男性的「魅力度」男女有別嗎

大人の男性の魅力を「ダンディズム」という言葉で表現することがありますが、「ちょいワル」、「枯れ」の出現で、男女で魅力を感じる“おじさま像”に違いが出てきています。
>>如果說用「成熟幹練;dandyism 」的話來表現大人的男性魅力,那麼在「有點壞」、「枯萎」這樣的形容詞出現後,男女對"歐吉桑樣子"的魅力感覺就不一樣了。

男性目線から見た格好いい年配男性像としては、「ちょいワル」が市民権を得ており雑誌なども発行されています。「ちょいワル」は、若者には負けないという気概と社会に対する尖った部分に特徴があります。
>>由男性的眼光來看身為魅力的中年人,「ちょいワル;有點壞」是獲得市民支持,雜誌也以這個特徵來發行。「有點壞」是指不輸給年輕人的這種氣概,對於社會尖端的部分有著這樣的特徵。(按:可能是指社會菁英人士有這樣有點壞的特徵)

また、裏側には格好いいオヤジを演出してモテたいという願望も見え隠れしています。そうした下心が、「ギラついている」と感じて敬遠する女性がおり、彼女たちが求める格好いい年配男性像こそが、「枯れ」なのです。煩悩とは無縁だと感じさせる、油の抜けきった男性なのです。
>>另外,對於另一面表現出具有魅力的歐吉桑,想帥的這個願望也會若隱若現。因為這樣的用心,讓那些對「很閃的男性」敬謝不敏的女性們,她們所要追求的魅力中年男性的模樣,正是「枯萎」的歐吉桑。讓人感覺他們是和煩惱無緣,去掉油漬的男性。

枯れた男がもてるなら、自分もそうなりたいと思う男性も多いことでしょう。しかし、発想の原点に「もてるため」があるという時点で、既に「枯れ」ではないのです。
>>枯萎男如果受歡迎,自己也想成為那樣的男性好像也多了起來。但是在發想的原點裡,其實是建立在「為了受歡迎」的這個原因上,並不是真的「枯萎」的意思。


■「枯れたおじさま」に萌える女子たち
  對「枯萎歐吉桑」萌起來的女子們

男目線から見た「カッコいいおじさん」=「ちょいワル」という言葉が定着してもはや久しいが、女目線で見た「カッコいいおじさん」は「枯れ」だった?!
>>男性觀點來看的「帥歐吉桑」=「有點壞」這樣的言詞已經被公認使用很久了,不過從女性觀點來看「帥歐吉桑」竟然是「枯萎」?!

確かに私も「ちょいワル」は、今どきバブリーな香り漂う感じとか、ギラギラと「青二才には負けん!」とがんばってる感じとかがどうも違うなー……と思ってはいた。そんな「ちょいワル」業界に一石を投じる?!
『カレセン(枯れたおじさん専科)』なる本が出たようです。これは、枯れたおじさまの魅力を「カレセン」(=枯れ専)女子の視点から徹底的に追求・検証した本。
>>的確,我也是「有點壞」的支持者,現在對漂浮著奢侈的香味、閃亮亮地「不輸給毛頭小子!」的努力感等等的,仔細想想,已經跟以前不同了呀!對「有點壞(LEON男性雜誌的風格)」業界投下引起迴響的問題?!好像是已出書的「枯萎專門(枯萎歐吉桑專科)」。這是徹底追求‧檢證,由女子觀點來看枯萎歐吉桑魅力--「カレセン」(=枯れ専)的書。

さっそく読んでみたところ、冒頭にいきなり本書の考える「男の枯れた魅力とは」というのが載っていた。「一人の時間をもてあまさない」「路地裏が似合う」「ビールは缶より瓶、ペットは犬より猫が好き」「ひとりでふらっと寄れる行きつけの店がある」「さりげなく物知り」「金や女を深追いしない」「人生を逆算したことがある」「自分の年齢を受け入れている(若ぶらない)」などなど。
>>趕快來讀看看之際,開頭便堂堂寫著本書所探討的「男人的枯萎魅力」是什麼呢?包括有「很會利用一個人的時間」、「很適合深街小巷」、「啤酒喜歡罐裝勝於瓶裝、寵物喜歡狗剩於貓」、「知識淵博卻不炫耀」、「不汲汲營營於金錢和女人」、「作過倒數人生的事情」、「坦然接受自己的年齡,不裝年輕」等等。

どうです? 本物のおじさまも、予備軍の皆さまも当てはまるところはありましたでしょうか。その他、俳優の蟹江敬三やマンガコラムニストの夏目房之介など「理想の枯れおやじ」達へのインタビュー、実際に「枯れ氏」ができたときのための「おすすめのプレゼント(老眼鏡やこだわりの文房具など)」、「カレの晩酌に一役買い! 激シブおつまみ」レシピなど盛りだくさんの内容。さらに、気になるおじさまの生まれ年がひと目でわかる「年齢早見表」までついていてビックリ!
>>如何呢?真正的歐吉桑們、預備軍的大家,是否其中有適合你們的地方嗎?其他還有演員的蟹江敬三,以及漫畫專欄作家的夏目房之介等等這些「理想枯萎歐吉桑」的訪問,以及為了實際和「枯萎氏(日文發音剛好也是KARESII,即男友之意」交往成功的「推薦禮物(老花眼鏡以及富個人品味、長年愛用的文具等等)」、「男友的晚餐酒品齊買!超重口味點心」等等菜單,內容非常豐富。還有還有,竟然連喜歡的歐吉桑的出生年月一眼就可以知道的「年齡一覽表」也附在本書中,真令人驚訝呢!

しかし、なんといっても必読はカレセン女子6名による「朝まで生討論 カレセン座談会」でしょう。
>>但是,不管怎麼說,必讀的地方當然是來自六名枯萎專門科女子的「直到早晨純粹討論 枯萎專科座談會」囉!

「あたし、児玉清が好きなんですよー」「おっ、グレセン(※ロマンスグレー専門のこと)だね」等のやりとりは序の口として、「緒形拳のホームページがさぁ、萌え萌えなんだよね~。猫飼ってて、『おーい』って名前つけてんだよ(笑)」などなど、コアなガールトークが満載。
>>「我喜歡兒玉清呢--」、「喔、グレセン(風流男子專門)吧」等等,大家你一句我一句作為座談會的揭序,「緒形拳的個人網頁也很萌哪~他有養貓,名字竟然取為『喔~吚~』耶(笑)」專欄中記載了女孩們滿滿的談話。

それにしても、本書で理想とされているような「知識はあるけどひけらかさず、欲に振り回されず、どことなく孤独の影を背負い、若い女子だからとバカにせず、認めてくれて、一緒にいるだけで楽しくて、がんばらなくていい」。
>>即使是如此,本書中被認為最理想話的是「雖然有知識,不過不彰顯,不受欲望擺佈起舞,總覺得背負著孤獨的影子,不輕視年輕的女子並認同她們,在一起很快樂,不需要很努力表現自己。」

そんなおじさまがいたら確かにとっても魅力的! 恋や仕事に疲れたとき、癒してくれるのはイケメンでも年下男子でもなく、もちろんちょいワルでもなく、枯れたおじさまであってほしい! という気持ち、わかる気がします。実在するのはさておき、まぁ、妄想するのは自由ということで……。
>>如果真的有那樣的歐吉桑題卻是非常有魅力的!戀愛和工作疲累的時候,可以給你安慰的並不是帥哥或是比你年輕的男子,當然更不是有點壞的男人,反而是希望有位枯萎歐吉桑,對於這種心情好像可以了解。實際是存在,呃、反正妄想是自由的……

ちなみに、これを読んで「オレも早く枯れてモテたい」と思う男子がいるかもしれませんが、「モテたい」と思うこと自体がすでに「枯れ」てないわけで、男性にとってはまさに禅問答のような女心の不可思議さよ、なのでした。
>>順帶一提,讀了這本書想著「我們也早一點枯萎然後受歡迎」的男子說不定也會存在,但是「想受歡迎;想帥」的這個想法並不是自己變成「枯萎」,對於男性來說,女人心根本就像是禪門問答般的不可思議。

本書にはそんな「枯れたおじさま」の魅力を堪能できる本・映画・音楽もたっぷりと紹介されているので、女子の皆さんはそれらを観賞しながら「理想の枯れ氏」について心ゆくまで考えてみてはいかがでしょう。
(野崎 泉)
>>本書中也介紹很多那些「枯萎歐吉桑們」在書‧電影‧音樂的學藝精湛、人生練達的魅力,女性們可以一邊觀賞「理想的枯萎氏(枯萎男友)」,直到心滿意足前試著考慮看看如何?

註一、

ちょいわるおやじとは、雑誌『LEON』が提唱した、不良がかった中年男性おやじ)のファッション。あるいは、それを範とする中年男性のこと。ちょいワルおやじや、チョイ不良おやじとも表記される(「ふりょう」で“ワル”と読む)。

概要

ちょいわるオヤジの野生的なファッションは、ワイルドで逞しいとして
LEONの読者や、一部の中年男性、またはその不倫相手層に重なるOLたちから強い支持を受ける。しかし、その着崩したスタイルを汚らしい、チンピラまがいだ、という声もある。また、自らを名乗る反倫理性が批判されたり、そこに「ちょい」などと言い訳がましい名前を付けてしまうあたりがヘタレであるとの批判も存在する。

「なんら悪くない平凡な人がちょっと悪いイメージを自分に植え付ける」ケースと、「とんでもない悪人だが、『ちょい』とすることで『悪』の意味を軽減する」ケースがある。どちらにしても「売る側」(マスコミ、ファッション業界)と「受け取る側」(実際の中年男性)の自己錯誤・勘違いが無ければまったく成立しないズレた言葉として半ばお笑いの対象として受け止められる用語である。

註二、

「カレセン=枯れ専 」50~60歳の「枯れたオジサン」 たちに惹かれる女性の事らしい。指引起女性興趣的50~60歲的「枯萎歐吉桑」
「グレセン=ロマンスグレー専門」風流男子專門科
「ちょいワルオヤジ」LEON 男性雑誌 的元總編輯所提倡的有點壞STYLE,後來變成流行語


 


相簿設定
標籤設定
相簿狀態