追蹤
鏡獄百物語り
關於部落格
仏足下的虛空 
  • 53970

    累積人氣

  • 1

    今日人氣

    8

    追蹤人氣

古浄瑠璃300年ぶり復活、大英博物館で台本保存…新潟

 御伝記は、長岡市の西生寺に即身仏として安置される僧・弘智法印がモデル。主人公が厳しい修行を重ね、即身仏になるまでを描く。  1685年に発表され、数年後にドイツ人医師が台本を長崎・出島から海外に持ち去り、イギリスの大英博物館で保管されていた。 >>這個御傳記是以長岡市西生寺裡安置的即身成佛僧人‧弘智法印為模仿的原型。描寫主角因長年不斷嚴謹的修行,終至及身成佛為止。  此劇於1685年發表,多年後被一位德國醫師江劇本由長崎‧出島處送往海外,最後被保存在英國的大英博物館。  文楽の三味線弾き・越後角太夫(文楽の芸名・鶴沢浅造)さん(58)(新潟市)が2007年、知人の日本文学研究者ドナルド・キーンさんから台本の存在を知らされたことが復活のきっかけ。台本に三味線の譜面がなかったため、越後さんは、古浄瑠璃の流れを継ぐとされる佐渡の文弥節の古いテープや、初期の義太夫節を参考に演奏や語りの節回しを復曲した。 >>彈奏文樂的三味線‧越後角大夫(文樂的藝名‧鶴澤淺造)先生(58)(新瀉市),在2007年的時候,從好友日本文學研究者ドナルド・キーン先生那裏得知劇本的存在而成為復活演出的契機。由於劇本沒有三味線的譜,越後先生為了讓古淨琉璃繼續流傳,於是參考了文彌節的古早錄音帶、初期義太夫節的演奏以及故事章節來恢復曲子。  人形遣いの西橋八郎兵衛(本名・健)さん(61)(佐渡市)と共に、初心者の一般市民を含む約15人で練習を重ねた。この日は、作品の一部を上演し、6月7日、柏崎市産業文化会館で全編通した完全公演が行われる。 >>此劇還聯同操縱人形的西橋八郎兵衛(本名‧健)先生(61)(佐渡市)、初學者的一般市民約15人不斷的練習。在這天會上演作品的一部分,6月7日則會在柏崎市產業文化會館演出全部的作品。 - 読売新聞 [03/08(日) 14:08]
相簿設定
標籤設定
相簿狀態